─ お知らせ・ブログ ─

Information・Blog

  1. ホーム
  2. お知らせ・ブログ
  3. BACK PAGE
  4. 老人性のイボについて

老人性のイボについて

2019年4月08日 17:21 更新

皆さん、こんにちは!

先日のブログでお話した
首まわりのイボ 「脂漏性角化症」について
本日は、もう少し詳しくお話しようと思います(^○^)

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)とは、
30代以降の男女にみられる
皮膚の老化現象の一種
「老人性のいぼ」とも呼ばれます。



写真のように、
色は茶色もしくは黒色で、
平ら、もしくは少し盛り上がった形をしています。

日光を浴びやすいこめかみ
できることが多いのも特徴です。

自然になくなることはなく、
加齢とともに大きくなってしまいます。
洗顔や髭剃りの際にひっかかると、
出血を繰り返したり、
かゆみが出てきたりする場合があります。


老人性のイボは放っておいても
健康上問題になる事はあまりないのですが、
見た目が気になることが多いのではないでしょうか。

顔のシミやイボが大きく盛り上がり、数が増えると、
実年齢よりも老けた印象を与えるので、
治療したいといった方が多く来院されます。

治療方法は、
炭酸ガスレーザー照射や電気凝固療法により、
できものを削り取る場合がほとんどです。
また、腫瘍が皮膚の深くまで達するものなどは
切除手術を行うことがあります。

いずれにしても、日帰り手術
比較的容易キレイに治療ができます。

ただ、皮膚がん等の悪性腫瘍と見分けるのが
難しいこともあるため、
切除したものは専門的に検査を行うことがあります。

また、ここまでお話ししたような症状が
短い期間で体中にたくさん現れる場合
注意が必要です!!

Leser-Tre´lat(レーザー・トレラ)徴候と呼ばれ、
胃癌などの内臓の悪性腫瘍を患っている可能性があるため、
早めの受診をお勧めします。


今日は少し難しいお話になりましたが、
診察の際は
わかりやすくご説明いたしますので
安心してくださいね(^^)

Posts List

PAGE TOP

© 2019 ISHIYAMA Plastic and Reconstructive surgery